今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

ヘンなお侍さん

c0035386_9444080.jpg

地元観光協会主催のウォーキングイベントが年間五回ほどある。
その一つに先日行ってきた。
ウォーキングの参加ではなく、ゴール地点で待ち構えての販売であ〜る(笑)
素直の通っている作業所は観光協会の会員なので、毎回お菓子やジャムなどをを売らせてもらっている。
売上はボチボチだが、ウォーキング参加者の仮装姿を見るのが楽しい。
カッコイー「ペリー提督」がいたのだが、歩くのが速くて撮影を取り逃がした。
よって、メガネをかけ腕時計を付けたお侍さんとの撮影になった次第。

いや〜
こういうの大好き!

ハロウィンの仮装は性に合わないが、サムライはいいねー。
飛脚もいたんだけど、やっぱ速くて間に合わなかった(笑)
甲冑隊もカッコ良かったっす。
江戸町娘風や鍬担いだ農民風もいたなあ。

こんな風に、おバカなことを本気で楽しむって、人生豊かにする秘訣の一つかもしれないね。

来年は仮装して参加しようかなあ。
何がいいかなあ。

大好きな日本昔話の「ちょうふく山とやまんば」はどうかなあ。
私がやまんばで素直が怪力のマルってのはどう。
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-11-06 09:44

海弁

c0035386_133389.jpg

海に沈む夕陽を眺めながら、遅めの昼食。

って、ちょっと遅すぎだろ。

と、そこんところは置いといてー

夕方だとトンビもどっか行っちゃっていないので、海弁してもおかず盗られる心配はなく、ゆっくり食べられる。
昼間だとトンビの襲来がスゴいのよ。
弁当箱から唐揚げをピンポイントで盗んでいくんだから、どんだけ良い目をしているんだろ。
しかし近頃ではおかずだけでなく、オニギリや菓子パンまでくわえていっちゃうんだから油断できない。
メロンパン食べてるトンビなんてカッコ悪りー。
猛禽類としての誇りを捨てちまったのかー。

ま、それはともかく…海はいつ来ても美しく、この先に「あの世」があるように思えてしまう。

あの世を眺めながらの唐揚げ弁当は、そりゃあ美味かったっす。
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-10-30 01:03

最古最強の神社

c0035386_2104987.jpg

三浦半島で最古といわれている神社へ参拝してきた。
その名も「安房口神社」
御神体である大きな岩を祀っただけの誠に簡素な無人の神社であるが、安産祈願に北条政子も訪れたという由緒ある場所でもある。

周辺が20〜30年前に宅地開発され、一面緑の鎮守の森の殆どは、無惨にも剥ぎ取られたとのことだ。

そんなことがあったのに、未だ残るこの神聖な気配に、ただならぬ場の力を感じた。

こんなすごい神社が、こんな近くにあったなんて驚き。

来年はぜひ大祭の日に来てみたいと思う。
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-10-28 21:00

今年もピーフェスに出たよ

c0035386_11384631.jpg

もう10日も経ってしまったのですが…

18日、ピースフェスティバルに「そゆかぜバンド」で出演させていただきました。
今年で30回を迎えたそうです。
この大がかりなイベントを30年間も続けてきたことに感銘を受けました。

「続けることだよ。やめちゃダメ。とにかく続ける」

高倉健さんの言葉。
胸に響きます。

本当にそう思います。

どんなことだって、一度や二度は止めようと真剣に悩むもの。
それでも止めずに続けることで見えてくるものが絶対にある。

だからピースフェスティバルも、続けて欲しい。
続けましょう。

さてさて、当のそよかぜバンドですが、今年はアンコールで、アイドルグループ「制服向上委員会」のメンバーと一緒に「明日があるさ」を歌い演奏しましたよ。

それにしても、制服向上委員会のみんな、本当にしっかりしていて頼もしい若者なんですよ。
アイドルと言えども侮れない存在感です。
来年も一緒に歌えるといいね。
もちろん、ステージは可愛かったですよ〜
のわりに、シビアな歌だったりして、そのギャップがまた良い。

それから、今年も「頭脳警察」のパンタさんが来てくださり、心に沁みる歌を聴かせてくださいました。
多忙な中での出演、ありがたい限り。

音楽ステージのトリを飾った「ジンタらムータ」
すっばらしい演奏に感動でした。
リーダーの大熊ワタルさんは世界を駆け巡るクラリネット奏者で、本当に凄い!
こんな凄い演奏をタダで聴けちゃうなんて、ピーフェス、太っ腹だなあ。
大熊さんの他は、チンドン太鼓のこぐれみわぞうさん。
この方、ハートがピカピカってのが聴いていてビンビン伝わってきた。
もう一人、楽器の名前忘れちゃったけど、低い音の管楽器…底辺から演奏を支えている感じでナイスでした。
そして横須賀が誇るギターの服部夏樹。
この人の演奏の素晴らしさは、決して出しゃばらず、ほかのメンバーの演奏を徹底してサポートする。
でもその技術の高さ、ハートの温かさは聴けばわかる。

と言うナイスな3人の演奏は、サイコーでした。

それと、忘れちゃいけないピーフェスの顔「よろずピースBAND」
今年も温かいけど主張のある演奏を聴かせていただきました〜。

あ、これだと、ピーフェスって野外ライブのお祭りみたいだね。
でも本題は、核問題や米軍基地のことなどをみんなで知り、平和について考えましょう。

というお祭りで、色々な展示がいっぱい。
30年もやってるのでスタッフは高齢化(笑)してますが、皆さん優しいです〜
来年は若い人がもっと参加してくれることを期待しましょう。

お天気にも恵まれ、とても楽しい一日でした。
スタッフの皆様、ありがとうございました。
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-10-27 11:38

グループ展終了

何だかとってもとっても大切な時間だった気がする。

高校時代の同級生5人でのグループ絵画展。
それぞれまったく違った道を歩んでいるけど、久しぶりに会って、懐かしいとかそんなんじゃなくて、家族みたいな、ふるさとみたいな…そんな居心地の良さを感じた。

今回初参加のY君は、私の大親友Sにこう言われ、一念発起したそうだ。

「もうすぐみんな死んじゃうんだから、絵を描きなよ!楽しくやろうよ!」

もうすぐ死んじゃうかどうかは分からないけど、いずれは皆この世とはお別れする。
いつか、そのうちなんて言わず、今、描こう。

私たちはその昔、みな絵を描きたくって集まった仲間だった。

あれから何十年が過ぎ…
仕事、子育て、親の介護、自身の病気、などなど、理由は様々だが、未だ絵を描き続けている仲間は少ない。

でも私たちは本当は絵をずっと描いていたかったんだ。

だから今、この再会を機に、また絵を描く仲間でいよう。

画廊に絵を飾って、おしゃべりして、最終日に絵を壁から下ろし、またおしゃべりして

そんなこんなしていて、写真撮るのすっかり忘れ

うん来年また撮ればよいね。

グループ展を企画してくれた友人たちに感謝。

オープニングライブを開催してくれた友人たちに感謝。
(素晴らしいライブでした)

遠いところ、来てくれた友人たちに感謝。

本当にありがとうございました。
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-10-15 21:07

ひと段落

c0035386_1214332.jpg

9月に入りバッタバタで、毎日倒れ込むように寝ていた日々も明日でひと段落する見通し。

パートに内職、素直の通院、作業所への送迎、その合間に、芸術祭出店の小物作り、芸術祭終わったたら次は、グループ展に向け中途半端だった絵を搬入前日まで手掛ける。
一昨日無事搬入。
只今福生アトリエノートにて「ミステリオーソ5人展」開催中。


そして明日の法事に着ていこう…と思っていた喪服が

チョーキツイやんけ(∋_∈)
縮みやがったな喪服め(笑)

仕方ない、遅くまでやってるイオンに買い行くか?
いやいや、高い喪服を慌てて買って後悔をしたくはない。

こうなったら作るっきゃないじゃん。

そこで趣味用の大量に買い溜めた布の中から黒布を見つけ出し、ダダダーっと縫い、さっき仕上がった。

直線縫いの喪服でござる。
黒いゴミ袋に首と腕通す穴開けたみたいな喪服でござる(笑)

チョー個性的!
ナイス!

この袋状喪服(笑)を着て法事が済んだら、来週グループ展の搬出に行って、暫くはバタバタがパタパタくらいにはなるかな。

あ〜温泉でのんびりしたいよー。
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-10-06 01:21

内科検診@こども医療センター

c0035386_23432144.jpg

もう子どもでは無いのだけど、いまだにお世話になっている「県立こども医療センター」
今日は内科受診。
薬は飲んでいるけど、特に異常なし。
でめたし、でめたし。

心臓診療の方は市内の一般病院に移ったのだが、内科(遺伝科)はまだ診ていただいている。
それというのも、ダウン症の人に発症しやすい病気が幾つもあり、その早期発見や治療はやはり専門的に詳しいドクターでないと心配。
その点で安心して受診できるのは、県内では「こども医療」以外無いように思うからだ。
言い換えれば、その病院で診てもらえるのだからラッキーである。
しかしそれも、せいぜいあと2、3年なんだろうなあ。
小児科なんだから仕方ない。

素直の命を救ってくれた「こども医療センター」
行く度に感謝の気持ちが溢れ、こみ上げてくるものがある。
建物も先生も看護師さんも…あの頃とはだいぶ変わってしまったけど、命を救う場として機能している「気」のようなものは変わらずにそこにある。
だから何かほっとするのよね。

そのせいか、受診に来ているお母さんたち、ニコニコと機嫌の良い人多いよ。

病気の子どもの子育てって、そりゃあ大変なんよ。
一時だって気を抜けない。
でも、こども医療に来た時だけは、ほっとできるんじゃないかなあ。
病児と家族にとっては聖地みたいなものかもしれない。

それにしても
ホント
赤ちゃんの頃の、今にも死にそうだった青い顔した素直が、こんなに元気になるなんて

信じらんねー

もちろん
ペースメーカー入れてるわ
薬飲んでるわ
未だに色々あるけどさ

歌って踊って自転車乗って
すんげーご飯食って

信じらんねー

感謝
感謝
感謝

もう本当に
心の深い所から

感謝
感謝
感謝

ただそれだけです。
本当に!
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-09-29 23:43

芸術祭無事終了

c0035386_111679.jpg

20日、最高のお天気の中、金沢文庫芸術祭、無事終えることが出来ました。

「アトリエふわふわ」へ足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました。

個人的売上はイマイチでしたが、あんしん農園から依頼されたオモチャのキラキラ棒百本がお昼で完売。
ホント良かった。

それにしても、この芸術祭、回を重ねる毎に規模が大きくなり、3ヶ所のライブスペースでは一日中音楽が流れていました。

日本全国、クラフト出店の機会はもの凄く増えたけど、パフォーマンス発表の機会はまだまだ少ないんだね。
だから、金沢文庫芸術祭のような場に集中するのね。

もの作りや音楽、ダンス、etc.そういった自己表現をしてる人って最近本当に増えたと思う。

もっともっと拡散して、地域毎に気軽に発表できる場が増えるといいなあ。

あそうそう
奈良さん来てて、またあの素晴らしいジャンベを体感できて幸せでした。

ダンス師匠のミホ&旦那のクルマンケも来ていて、奈良&クルマンケ&MOREのセッション、サイコーでした。

クラフト出店に行った…というよりも、太鼓楽しみに行ったみたいな芸術祭でした〜。

また来年ね!
[PR]
# by sunahaha-happyday | 2015-09-23 11:16