今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ジャンクな食事

c0035386_9531819.jpg

心臓定期検診の帰りに、お腹がすいたので大型スーパーのフードコートに寄った。
ジャンクな食事よりどりみどり。

う〜んどれにしよか?
ちょい寒いから
ラーメン!

ラーメン、ミニチャーハン、餃子、コーラ
デザートにアイスまで食べて腹一杯。

何だかとっても幸せな気分になった。
まるで付き合い始めた高校生カップルみたいな感じ(笑)

オーガニックな食事も大好きだけど、こういうジャンクな食事もまた良しな私。

たまにオーガニックな食事オンリーな家庭があるけど、それはそれで素晴らしいと思う。
ただ、幼稚園や学校での人間関係に困っていると聞いたことがある。
何故かと言えば、子どもには食材が心配な給食は食べさせず、お弁当を持たせているからだ。
子ども同士はそんなことお構いなしに仲良くできるが、問題は親同士の関係だ。

どんなに仲良くしたくても、ビミョーな亀裂ができてしまう。
オーガニックな母さんは、他の母さんたちに決してオーガニックを勧めたりはしない。
でも給食母さんたちは、自分たちを否定されてるようにビミョーにビミョーに少し感じてしまうのかもしれない。
だからお互いにビミョーに距離感ができるのかもね。

仲良くなる第一歩は、同じ釜の飯を分かち合うことから。

文化も習慣もまるで違う他国に行った時、そこの人と仲良くなる秘訣は、そこの土地の食事を共にすること。

添加物だらけ食事はさせたくないオーガニック母さんの気持ち良くわかります。
私だって同じ気持ちだもの、まあ気持ちだけだけど。

給食も外食も、みんな無添加な優しい内容になれば問題なし…なのだけどなあ。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2014-11-26 09:53

夕陽を見に

c0035386_0164961.jpg

c0035386_0164985.jpg

やっぱり海に沈む夕陽は格別に美しいな〜
素直を迎えに行っての帰り道、三浦の海水浴場に寄り道した。
風もなく海面は凪いでいた。
そこに夕陽が写り込みムチャクチャ綺麗だった。

どう足掻いたって、あんな絵は描けやしない。
巨匠だって無理。

人の手や意識が一切入らない美しさは、美そのもので美以外の何者でもない。

広い浜にいたのは私たち含めたったの5人。

う〜ん、勿体無い!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2014-11-22 00:16

具沢山なライブ

c0035386_22271643.jpg

穏やかな人柄満載の奈良大介さんライブに行ってきたよ。

奈良さんの基本はアフリカンドラムなんだけど、今日は沖縄&奄美民謡、レゲエ、音頭、メッセージソング…を一人でやってた。
まるで、じわ〜っと旨味がしみでた具沢山のお汁みたい。
それに温かいお人柄の旨味が加わり絶妙な癖になるお味でしたよ〜。
ホント楽しかった。

そしてもう一人の主役、画家の宮下昌也さんのライブペインティング。
素晴らしかった。
ライブペインティングって、いいね〜
見ていてすごく面白い。
音に共鳴して筆が運ばれるのがよくわかった。
と言うか、お互いが呼応しあってライブを進めていたんだね。

奈良さんとは夏に鴨川の山中で開催されたコヅカアートフェスティバでお会いし、素直とちょこっと遊んで頂いたのだけど、覚えていて下さって感激。
また太鼓一緒にやろう!
と、ニコニコ笑顔で話しかけてくださってすごく嬉しかった。
また本当に一緒に太鼓やりたいなあ。
奈良さんなら、きっと素直の良さを引き出してくれるだろうなあ。

うんまた来年、コヅカに行くよ。

宮下さんの絵も、見ていると温かい気持ちになれてホント、ナイス。

その宮下さんが仰ってた。
奈良さんは僕にとってかけがえのない人です…と。

しょっちゅう会ってるわけじゃないけど、互いに大切なポイントでは欠かせない存在。

わかる。
あの二人なら。

二人のライブに行くこと。
また人生の楽しみが一つ増えたな。

さあ明日もしっかり生きていこうっと。
(そんな気持ちになるんです。お二人のライブは)
追伸
没頭していて写真一枚もなし。
代わりにアフリカンな家族人形で(笑)
[PR]
by sunahaha-happyday | 2014-11-16 22:27

ビバ!自転車天国!

c0035386_1839357.jpg

c0035386_18393551.jpg

行って来ました〜
今年も修善寺サイクルスポーツセンタ〜

ご覧くだされ、ひろーい駐車場にポツンと一台の小型車。
ウチのでっせ。

もう何もかも貸切状態。
自転車天国。

従業員10人、客3人…みたいな。
途中から、幼稚園の子どもらや、家族連れが来たものの…
雨がポツポツ降ってきたら皆さんご帰宅で、ウチらが退場した午後2時には、ほっんと、ウチの車しか残ってなかった。

来る度に遊具が減ったり増えたり。
今回、スペースシャトルとサイクル電車が消え失せ、代わりにふわふわドームと巨大ジャングルジムが新設されていた。
あとサイクル温泉が無くなってたな。

この遊園地、どう考えても採算とれてないと思うけど、経営が競輪関係の財団だから大丈夫なのかな?
とは言え、こんな調子の入場数だと…ヤバいのでは…(-.-;)

頑張れー
財団法人サイクルスポーツセンター
素直が一番お気に入りの遊園地。
絶対に無くなるなよ!

また来年、桜の咲く頃、来るからね!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2014-11-06 18:39

小網代の森

c0035386_1728333.jpg

c0035386_1728323.jpg

c0035386_1728319.jpg

良い気が流れている場所ってあるよね。
いるだけで、とにかく気持ちのよい。

先日、そんな場の一つ「小網代の森」を体感してきた。
夕方に行ったのだが、その時刻に有りがちな湿った寂しげな感じがせず、ほんと清々しかったのよね。
不思議〜

その静謐な森は、お金持ちオーラ満載のヨットハーバー「シーポニアマリーナ」を横目に進んだ奥にあった。
海に面した手付かずの森。
何やら貴重な生物がいっぱい住んでいるらしい。
まさかのこんな近くにね。
こんな素敵な場所があるなんて驚き。

しかし聞けばこの地もバブルの頃、開発の波が押し寄せたそうだ。
しかし、森を守った方々がおられた。
そのリーダー格の方は、森の素晴らしさを得々と話し、穏やかに穏やかに開発業者と良い関係を築き上げ、今に至るそうだ。
「開発反対!」
といった運動はせずに森を守った。

昔アイヌは、揉め事があると、解決するまでとことん話し合ったそうだ。

言葉は、そのためにあるんだよね。
戦うためでなく、仲良くするために。

小網代、守られた森。
本当に気持ちのよい場所。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2014-11-05 17:28