今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

お疲れ気味

c0035386_23271621.jpg

疲れてるでしょ

ってお坊様に言われた。
今日学校のPTA会合だった。
んで、PTA会長がお坊様。
フツーの堅気な職の人に言われるより、お坊様の言葉は身にしみる(笑)

何でそこで笑うかな?

ま、それはともかくとして。

そこ、笑うところじゃないでしょ。

ま、そこらへんは、おいといて。

確かにちょっとお疲れ気味かもです。


つい先日、車のエアコンがまったく効かなくなり焦って車屋に行った…ら

「エアコンスイッチがオフになってますね〜(^_^;)」

な、な、な、なぬー\(☆o☆)/
オフってか〜


やはり疲れてます。
確かに確かに。

今日はこれで寝ます。
お休みなさい。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-29 23:27

お芝居を観に

c0035386_1545371.jpg

素直の幼なじみ、ゴウくんは俳優さんだ。
本格的なプロではないが年に1回の定期公演に出演している。
ゴウくんは素直と同じダウン症だが、お母さんの厳しいけど愛情に溢れた教育ですくすく育ち、生活面ではかなり自立しており、性格も明るく愉しい。
そんなゴウくんは数年前に劇団の公募で入団した。

さて今回のお芝居、素直と二人で観に行ったのだが…
う〜ん、大変難解な哲学的な内容であった(°□°;)

しかし、しかし、大変面白かった。

自分の居場所が無い人々が(自分では気付いてない)、ある時アパートの一室にワープしてくる。
そこで出逢った人々がそれぞれ色んなことを語り合い、そこにいる必要が無くなり本当に帰りたくなった人は、ドコデモドアー化したトイレからまた元来た場所に戻っていく。

という摩訶不思議なストーリーだった。

ゴウくんは、そこへ人々をワープさせた張本人、いたずら小僧(天使)という重要な役どころであった。
セリフこそ少ないが、その存在感が芝居の中で際立っていた。

私は十分に楽しめたが、素直は…やはり、それなりに楽しめたようだ。
セリフの内容は難しいかもしれないけど役者さんたちの白熱した演技に心打たれたのかもね。


「自分の場所というのは、そこに行けば、ここだ!というのが分かるはずですよ」
とのセリフが心に残った。

横須賀市民劇場プロジェクトの皆さんお疲れ様でした。
不思議楽しい芝居「ここは逢連荘」素晴らしかったです。
ありがとうございました。

追伸、帰り道、駅ビルでアイスクリームを食べた。
街はハロウィン色の黒とオレンジに彩られ、仮装した子どもたちが大勢いて可愛かった。
来年は素直も小悪魔にでも仮装させよかな。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-28 15:45

おめでたブーム

c0035386_10355449.jpg

悲しいこともあるけど、嬉しいこともある。
じゃなきゃ人生やっていけない。

先日、まーくんが亡くなった悲しみをこらえ参加したピースフェスティバル。
そこで久しぶりに会った若い友達のお腹が…あれ〜っo(^-^)o
ふっくら

もともと、ふっくら気味の体型だったので(失礼)、慎重に慎重に…声をかけた。

私「入ってる?」

友達「うん!」

私「肉だけじゃないよね?」

友達「うん、赤ちゃんだよー(^_^)v」

ヤッター、ヤッター、ヤッターマン(o^∀^o)

11月に出産予定だそうだ。
彼女は本当に幸せそうで、しっかり幸せのお裾分けをいただいた。

そして、さらにおめでた話は続く。

アフリカンダンスの先生シュウコちゃんが10月初めに女の子出産。

素直の担任(出産育児休暇中)、10月末出産予定。

素直の元介助員タケウチさん(そよかぜバンドファン)11月出産予定。

音楽仲間のあやちゃん、11月出産予定。

わたしの周辺、この3ヶ月でなんと5人も赤ちゃんが生まれるんだよー!

こんなこたあ初めてでござんす。

みんな、元気に生まれてくるんだよ。
すなハハオバサン、もとい、すなハハバーサンが抱っこしてしんぜよう!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-25 10:35

そよかぜバンド@ピースフェスティバル

c0035386_9483631.jpg

悲しみも癒えぬまま賑やかなイベント、ピースフェスティバルに参加してきた。

行こうかやめようか、ちょっとだけ迷ったけど、肉体から解放され自由になったまーくんがピューンと飛んで来て、素直たちそよかぜバンドを応援してくれそうな気がしたので行くことにした。

フェスティバル会場の最寄り駅付近では、みこしパレードなる超派手な催しが行われており、自分たちの会場まで行くのに一苦労だった。
とにかくすごい人出で歩道を真っ直ぐに歩けないのだ。
ちょっと歩いては止まり、の繰り返しで普段の倍の時間がかかってしまった。

さて、やっと到着したピースフェスティバル会場はと言うと、駅前通りとは打って変わって閑散…とまではいかないが、ぼちぼち(笑)

まずはベンチに腰掛けお茶タイム。
特設ステージではジャズバンドの演奏。

しかし暑い。
太陽がギラギラしていて真夏のようだ。

素直たち「そよかぜバンド」は病気療養中のマサを除く4人に一人新人が加わり5人での出演。
曲はいつもの定番にまた新曲が加わった。
ふふっ(⌒〜⌒)
またもすなハハ作詞作曲の題して「ポジティブシンキング」
そよかぜバンドメンバーにぴったりのタイトルだ。

しかし歌詞2番のフレーズ

辛いこと
ムカつくこと
悲しいこともあるけれど
(中略)
生きてるだけで素晴らしい

の言葉に、、まーくんとそよかぜバンドメンバーの顔が重なり、自分で作っておきながら思わず涙ぐんでしまった。

ボーカルのショウマ、いつも通りの伸びやかな声ではあったが、今一つ元気に欠けていた。
そりゃそうだよね、友達を亡くしたばかりなのだもの。
でもみんな精一杯演奏した!
歌った!
優しい想いが伝わってきた!

最高にカッコ良かった。
素晴らしかった。

さあみんなで
まっすぐ
生きて行こう!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-23 09:48

悲しい雨

c0035386_1719285.jpg

まーくんが亡くなった次の日から、雨ばかりの天気が続いた。
16日の夕方、不慮の事故で突然一人旅立ってしまったまーくん。
彼は、素直と2年7ヶ月をともに学びともに遊びともに笑って楽しい学校生活を送ってきたかけがえのないクラスメイトだ。

まーくんは最近、ほんの少しお話ができるようになった。

お、は、よ、ご、ざ、い、ま、す

さ、よ、う、な、ら

私はもちろんのこと、まわりの母親たちは、その言葉を言ってもらいたくて競うようにまーくんの前にたった。

はい、まーくん、次はオバサンね!

と順番待ちして言ってもらうその言葉の何と優しいことか。

そんなまーくんは、怒ったことがない。
いつもいつも幸せそうに笑っていた。

もう、まーくんに挨拶してもらえないのか…
寂しいよ

でも一生忘れないよ。
まーくんの笑顔。
まーくんの声。

2年7ヶ月の間、沢山の幸せをまーくんからいただきました。
まーくん、そしてまーくんを育てたお母さん、お父さん
本当にありがとうございました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


明日、素直とお別れに行ってきます。

まーくん、またね。
いつか天国で会ったら、あいさつしてね。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-19 17:19

三連休

c0035386_13314939.jpg

c0035386_13314911.jpg

c0035386_13314944.jpg

三連休一日目はまった〜りデイ。
超お寝坊して、デレーっとテレビみて、お昼ごはん作るの面倒くさいのでお弁当買ってきて、ちょっくら手芸して…
あっという間に一日終わりました(∋_∈)
二日目の昨日は、午前中そよかぜバンドの練習。
は〜い、新曲作りましたよ〜。
題して「ポジティブシンキング」
21日のピースフェスティバルで演奏する予定だよ。
詳細は最後に。

んで、またお昼はお弁当買って帰って、午後は葉山の美術館に行きました。
美術館ではアフリカのビーズ展というのを開催中。
すごかったです。
正直、あまり好みの装飾品ではなかったけど、一つ一つの展示物からほとばしるエネルギーが凄くてクラクラしてしまった。
生命誕生の地アフリカ。
そのエネルギーはただ者ではないのだね。
素直の反応はイマイチでした。
彼は漲るエネルギーよりも、静かな安らぎを感じられる作品の方が好きみたい。

鑑賞の後は恒例のティータイム。
美しい夕焼けを見ながらのケーキセットは幸せの味でした〜。

で今日はまた、まったりデイ。

明日から仕事頑張りまーす(^_^)v



ピースフェスティバル
横須賀三笠公園
入場無料
9時〜15時半

特設ステージにて音楽ライブ11時〜

★そよかぜバンド出演
★12時20分〜40分

模擬店、ゲームコーナーなど一日楽しめるので、ぜひ来てね!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-08 13:31

愛のブレスレット

先日の講演会での一コマ。

講師は、障がい児者やその家族とともに40年間歩んでこられた日浦美智江先生。
尊敬する日浦先生のことは後日紹介するとして、この講演会に参加していたとあるお母さんのことを少し…

葉山から来たと言うその若い母親は、とても綺麗で品がよく、どっからどうみてもセレブそのものだった。
お子さんには、知的に障がいがあるとのこと。
直接話したわけではないが、彼女と彼女の友達が話しているのが耳に入った。

そして帰りしなふと見た彼女の腕には、セレブな装いとは正反対のチープなビーズ細工のブレスレットがじゃら~んと。
赤、黄、ピンク、青、緑…カラフルなブレスレットは1つや2つではない。
なーんと5個も!

ああ、あれはきっと
お子さんが作ったブレスレットなんだなあ。
支援級の先生と一緒に一生懸命作って、お母さんにプレゼントしたのだなあ。

お母さんは、どんだけ嬉しかったことか!

そんなお母さんの気持ちがスーッと伝わってきて、ウルっとしてしまった。

セレブママさん
ビーズのブレスレット
とっても似合ってましたよo(^-^)o
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-10-06 20:18