今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

白黒

c0035386_10315213.jpg

白黒ハッキリ決められないことで世の中溢れている。

そんなんゼッタイおかしい間違ってる…と思うことがあっても、話をよく聞いてみると色々な理由があり、あながち間違ってるとも言えない、なーんてことよくある私である。

これを人は考えが確立していない、とか、優柔不断、とか、流されやすく騙されやすい性格、などと呼ぶ。

確かにそうですワタシ(笑)

でも少し角度を変えてみると、相手の立場にたって考えられる、とか、自由な発想ができるとか、臨機応変とか、ま、そんな風にも言えるわけだなこれが。

角度を変えれば、白い物も影のところは黒いし、黒いものも光があたれば白く輝くつーもんだ。

また光と影の絶妙なバランスで、白も黒も七色に輝くことだってある。

話ちょっとズレるかもだけど、人の第一印象って私の場合、当たんねーってことが殆ど。
深い考察とか観察とかまったくしないで、表面だけみてさ
感じ良い〜いい人〜
カッコイーステキ〜
感じ悪いーキライ〜
とかすぐ思っちゃうのよね〜。
(汗)反省。


(例)
もう30年以上付き合ってる親友のミケなんかさー、第一印象ムッチャ最悪で、チョー感じわりーって思ったもんね最初。
でもメチャクチャいいヤツ。

んでミケも私の印象最悪だったんだって。
何かヘラヘラしててムカついたらしいよ(笑)

あそれでミケの水彩画個展が近々あるので、興味ある方は是非行ってみてください。

優しい色の心安らぐ素敵な絵だよ。

5月3日〜8日
高円寺
Galerife juillet
ギャルリージュイエ

詳しくはミケのブログ
「space彩」で検索してね。
すぐ出るよ。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-25 10:31

春の味

c0035386_0524960.jpg

春になると絶対に食べないではいられないのが野蕗だ。
特に葉っぱのところ。
普通、野蕗は葉を落とし茎のみをキャラブキにするのが一般的な調理法だが、私は茎よりむしろ葉っぱの方が好きなのだ。
スーパーで売られている野蕗はたいがい茎だけだが、幸いにも地域の無人販売所で葉っぱ付きが手に入る。

そこで早速、どっさり買って、作ったよ〜
すなハハ流キャラブキ。
私は蕗の味そのまんまを味わいたいので調味料は醤油と酒しか使わない。
ダシなんか入れたら絶対にダメ。
砂糖も厳禁。
作り方は至って簡単。
茎と葉っぱ、それぞれを下茹でしアクをとる。
ザルに上げゆで汁を切ったら葉と茎両方を鍋に戻し、醤油と酒をどばっとテキトーに入れて、弱火でことこと30分ほど煮て汁気が無くなればハイ出来上がり。
注意点は、絶対に水は入れないこと。
焦げないようにとろ火でかき混ぜながらね。

おおマイキャラブキ

炊きたてご飯とほろ苦い葉っぱコラボがたまんない!

こういうのが大好物な私。
他には大豆製品、小魚、海藻、野菜なんでも…が好物。
これっていわゆる健康に良いとされる食品よね。

どうりで丈夫なわけだ。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-25 00:52

アキラ歌熱唱

c0035386_21294232.jpg

今日も昨日も一昨日もその前も、毎日毎日、素直はマイホームライブを開催している。
曲はもちろん弟子の(笑)AKIRA歌!

4年も前から毎日アキラ歌は歌っているが、アキラが癌になってからはますます熱が入り、そりゃあ凄い歌いっぷり。

この熱唱は素直なりの祈りなのかもしれないなあ。

私は想像してる。

白髭白髪ドレッドのお爺さんアキラが、歌っているのを。

そしてオジサンになった素直と婆さんになったすなハハが、相変わらずアキラの歌聴いて泣いたり笑ったり踊ったりしている。

ライブの受付にはちょい婆さんになったハルちゃんがいて、爺さんのトシやダイくん、エミカ、コウヂくんミワン、まっちゃん…
あーら妖怪のようになったレラさんまでいる。

そんな光景を
想像してる。

きっとそうなる。

想いは力。

きっとそうなる。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-19 21:29

桜幻想

c0035386_1432328.jpg

雨の土曜日。

窓越しの桜。

十代の頃、幻想小説に惹かれた時期があった。

子どもを卒業し、すこーし大人社会が見えてきて、現実の厳しさや煩わしさから逃避したかったのかもしれない。

宇野亜喜良という奇妙な絵を描くイラストレーターがいる。寺山修司とのコラボなどで一世を風靡した時期もあるので、中高年の人なら一度は目にしたことがあるのではないだろうか。
とにかくインパクト大のイラストだ。
当時は水森亜土というカワユーイ絵を描くイラストレーターが大人気だったが、私は彼女の絵より宇野亜喜良の奇妙で不気味なイラストが好きだった。

何故好きだったのかという分析はさておき、その宇野氏のイラストがふんだんに使われた「薔薇の天使」というタイトルの幻想小説にヒジョーに衝撃をうけたのを覚えている。

遊園地の迷路に入った。
その迷路は気がつくと透明で、いつも暮らす街並みの横を歩いているのに、どうしてもいつまでも出られない。

みたいなのとか

両脚の無い少年は優しいママと一緒に幸せに暮らしていた。
ある日ふとした事で屋根裏に入った少年が見たものは…古びた箱の中に入った干からびた幼児の両脚だった(怖)

みたいな

不思議こわーい小説を愛読していた、ごくフツーの少女だったすなハハです。

雨降る週末のやけに幻想的な桜を見ていて、ふっと思い出したお話です。

(注)古い記憶なので小説の題名や内容が多少違うかも。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-15 14:32

影までも美しい

c0035386_1423078.jpg

ハラハラと散り始めました…

実はこの、この、この、ハラハラ散る時が一番好きー!

ベランダ前のすなハハ桜(勝手にそう呼んでる)、地面に散った花びらたちが、これまたグッときちゃう…
なのになのに、掃除好きの暇な婆さんが

掃いてしまった\(☆o☆)/

バッキャロー

しかし
桜は

影までも
ウツクシイから
それでもいいのだ

ふん
掃いたって
また散るもんね!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-12 14:02

いや〜面白かった

夜、BSで放送された周防監督の出世作「シコふんじゃった」を観た。

この映画、面白すぎ!
最初から最後まで声上げて笑いっぱなしだった。
こんなに笑える映画なんてそうは無い。
笑いのツボは人それぞれビミョーに違うが、この映画は私の笑いツボ押さえまくりであった。
大して期待せず見始めたのだけど、素直の寝る支度などそっちのけで2時間弱画面に釘付け状態だった。
なもので、彼は一人で寝間着を着て、お茶を飲み、歯を磨き、顔を洗って寝ました。
スマン。。。
多分、仕上げ磨きしない歯には食べかすが残り、顔には石鹸が残り…ああ明日の朝が…どうなってることやら。

そんで久々に映画で大笑いしたもんだから「お母さん、ホント、久々に笑ったよ」と言ったら
「毎日笑ってるじゃん」
と長男にボソッと言われた。

そ、そっかなあ。

笑ってるかなあ。

笑ってるかもなあ。

そいや昨日
素直と二人で変な顔を競い合っていて(何でそんなことを競う?)、素直ったら本当に可笑しな顔を作るもんだから
確かに大笑いした。

それで、その可笑しな作り顔を長女が携帯で撮ってたのね。
で、素直の顔があまりにも可笑しすぎで崩しすぎでカメラが「顔認識」しなくて…そんでまた「顔認識しないよー」とか言ってまた笑いころげた。

そうそう2、3日前にも「お母さん寝ながら大笑いしてたよ。可笑しな夢でもみたの?」と、やっぱ長男に言われたなあ。

うん確かに、毎日笑っているかも。

笑う門には福来たり。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-11 01:47

桜の日々

c0035386_14152594.jpg

ああもう

サイコー

ウツクシイ

我が家の真ん前に樹齢50年の大きな桜、そして学校までの道のり5キロのうち3キロが桜並木という…もうもう桜好きには贅沢すぎる環境に感謝なのだ〜。

でもこの美しさに浸っていると、ちょっと悲しい気持ちなってくる。

そこがまた桜に魅せられる由縁なのだけど、何故なのかな、湧き出るこの感情は。
普段の日常では表にそうそう出せない、魂の奥からの想いをそっと受け止めてくれる、桜にはそんな不思議な力があるのかもしれない。

それにしても、近年周りであまりにも色んなことがありすぎる。
辛い別れもあった。
もう誰も私より先に逝かないでほしい。
私は90まで生きるから、みんなはそれ以上生きるのだよ。
そしてみんなして太鼓やギターやダンスで、賑やかに私を送ってほしい。

アキラもだよ。
頼んだよ。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-10 14:15

元海軍官舎

c0035386_18312158.jpg

横須賀は三浦半島に位置し、ぐるりと海に囲まれている。
そのせいか軍事関係の施設が多数ある。
戦時中は大勢の兵士たちが横須賀から大陸へ向け出征していったそうだ。
観音崎方面や横須賀港に浮かぶ猿島などには未だに砲台や弾薬庫跡がリアルに残っていて、不思議な空間になっている。
しかし、現在は公園などに整備され家族連れで賑わっている。
観音崎公園にはアスレチックスや滑り台などの遊具があるので時々素直と遊びに行くが、北斜面にある砲台跡付近を通るのを素直はもの凄く嫌がる。
もしかしたら戦争という負の歴史を感じとるのかもしれない。

さてそんな軍事関係施設の一つ旧横須賀鎮守府指令長官官舎 、分かり易く言えば元海軍官舎の一般公開があったので見物してきた。

東京湾を見渡す丘の上に建つ和洋折衷の瀟洒な建物は想像以上の素晴らしさだった。
来年で築百年になる。
あの頃の建築物は素敵なものが本当に多い。
それに比べ現在の建築物の何とも味気ないこと。
大正浪漫のハイセンスはいったい何処へ行ってしまったのだろう。
無機質なコンクリート、ガラスサッシュの建物に住んでいると身も心も荒む気がする。
今日行った官舎は下町育ちの私が住むにはデカすぎるが、縁側のある家、そう子どもの頃住んでいた木の家でもう一度暮らしてみたい。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-08 18:31

求めず与える

c0035386_2317360.jpg

今日、素直が通う学校の離退任式があり、お世話になった先生に挨拶をしてきた。

PTAの立ち上げから2年間、ずっと一緒に活動して頂いた先生が退職したのだ。
定年より随分前の突然の退職に驚き、またとてもショックを受けた。

お辞めになった理由は、おそらく身内の介護などではないかと思う。

それにしても稀にみる先生らしくない先生で、本当に親しみやすかった。
美人で完璧な人、みたいに見えるのだけど意外とそそっかしいところもあり、そこがまた可愛く、でも本当に頑張り屋さんで、年中目にクマを作っていた。

子どもたちといると幸せ〜というオーラがいつも出ていて、誰からも愛される素敵な先生だった。

先生を見ていて思った。
先生は誰にも何も求めない。
ひたすら一生懸命に仕事をこなし、与え続けるのだ。
その眼差しは、まるでマリアか観音様のようだ。

思い出したら涙が滲む。
先生ありがとう。


とにかく、今は長年の疲れを取り、ゆっくりしてほしいなあ。

世の中には本当に素晴らしい人が、案外身近にいるものだね。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-06 23:17

明日から学校

c0035386_1851676.jpg

c0035386_1851641.jpg

今年の春休みも楽しかったね〜。

伊豆でいっぱい自転車乗って、温泉入って、回転寿司でお腹パンパンになって(素直は15皿も食った)\(☆o☆)/

それから三浦の作業所で3日間も過ごさせて頂き、仲間やスタッフとお仕事したり、海行ったり色々体験した。
あそうそう、コタロウライブにも出たね。
ハチャメチャだけど繊細で優しいところ、小さい頃とぜんぜん変わってなかったなあ。コタ。
また一緒にライブやろう。

そして今日は春休み最後のシメとして、ソレイユの丘でまたまた自転車乗って、芝ソリして、ソフトクリーム食べて、さっき帰ってきましたー。

素直は今、レミオロメンのCDかけながらカホン叩いているよ。

あそうそう
さっきポスト見たら、友達から絵画展のハガキが届いてた。

春と秋はゾクゾクとそういう絵画展やら音楽ライブやら、色々な案内が届く。

みんな形にしてるんだなあ。


BUMP OF CHICKENのボーカルが確かこんなこと言ってた。

オレは人とつながらないと生きてる形がわかんない。

聴いてくれる君がいるから歌うんだ。

しつかり聴けよ!

みたいなこと。

絵だって観てもらってなんぼだよなあ。

描く人と観る人がいて、絵はやっと立ち上がるのかもしれない。

さあさあ
私もやるよ!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-04-04 18:05
line

お腹すいても、眠くても、なんか楽しくありたいな。ダウン症の息子「素直」との楽しい日々のおすそわけ。


by sunahaha-happyday
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite