今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

必要なものはそこにある

「弟子に準備が出来た時、師匠がやってくる」という諺があるが、今日の私は「心の準備が出来た時、読みたい本がそこにある」みたいな感じだったよん。

かの有名なトランスパーソナルの入門書「無境界」がそれである。
Amazonで買おうと思ってたら家の本棚にあるじゃん。

って勝手に本が現れたわけじゃないけどさ。
こんなことって時々あります。

本当に必要なものって、既に何でもあるのだなあ。

う〜ん
トランスパーソナルな今日のわたし。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-31 21:44

エレキギターでロッカーだい!

c0035386_2059569.jpg

素直くん、お誕生日プレゼントは


なーんと


本物の
エレキギター
なのだ〜

今までは母のお下がりのフォークギターを大音響でかき鳴らし、近所は大迷惑…だったはず(汗)
じゃあエレキならもっと大大迷惑なんじゃないの?
って、ほら、アンプ使わないで弾くから音響かないので、大丈夫よ。

それにしても、もう弦1本切っちゃったんだよ。

素直!
強く弾きすぎ!

あたしゃ素直が学校行ってる留守中に、こっそりアンプに繋げて弾いてみるかな…ふふふっ。

はよ新学期始まらんかい。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-29 20:59

お、おんせんじゃ〜

c0035386_17101094.jpg

温泉エキスが切れ、中毒症状が現れたので補給に行ってきやした。

今回は温泉好き友人お勧めの伊東温泉大東館。

源泉掛け流しの男女別露天に加え、貸切風呂が3つもあるんだよ〜。


昨日一泊し、素直は貸切露天と貸切五右衛門風呂、温泉が引いてある部屋風呂を満喫。

チョー風呂好きの母子にとっては極楽な春の一日でござんした。

さあ、また、元気にまったり、生きていくぞー。
おー。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-28 17:10

コタロウライブ

素直くん、昨日は無事、コタロウライブに出演することが出来ました〜。
始まる前リハをやってる時点では、ちょいご機嫌斜めで、こりゃ演奏は無理かもしれないなあ…と思っていたのだけど、なんのなんの本番でコタロウに呼ばれたらススーっとステージに上がった素直くん。
やっぱ君はミュージシャンだね。
楽器は持参したジャンベより店のタンバリンが気に入りそちらを演奏。
曲はカントリーロードとデイドリーム。
けっこうリズムにのってバッチリでした

そして、ほんとーに久し振りに会ったコタロウは良いお兄さんに成長してました。
そりゃそうだよね、素直をライブに誘うくらいなんだもの、優しいに決まってるじゃん。
何人かミュージシャン知ってるけど、一緒に演奏しようって素直を誘ってくれたのはアキラとコタロウだけだよ。
本当に嬉しかった。
ありがとう。

そんな心優しいコタロウ、今後は本格的にミュージシャンとして生きていきたと、この春から東京に越しチャレンジするんだって!
応援してるよ〜

あそうそう
コタロウ、素直にカホンをくれるんだって。
優しすぎ。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-25 16:57

ちょこっとライブ

24日(土)夕方〜
素直くん、ちょっとだけライブで太鼓たたくかもです。

かも…をつけたのは、まだ一度も一緒に演奏したことの無いお兄さんたちのライブで、一曲だけ叩かせてもらう予定なので、正直どうなるかわからないからっす。
でも取り敢えず告知。

場所、横須賀中央より徒歩7〜8分かな?
上町のカフェ
「RRR00M」
アールアールルームと読む。
18時〜
このカフェ、オーナーの手作りで、とーっても素敵。
一見、ちょっと個性的だけど、すごく落ち着くんだよ。
メニューもオーナーのオリジナルで美味い!

それでですね〜
このライブに至る経緯がこれまたビックリの流れなのだよ。


去年秋に素直が通う養護学校で学校祭が開催された。
私はPTA役員として模擬店運営に走り回っていた、とその時、本当にバカみたいに久しぶりにSさんとバッタリ会った。
Sさんは以前近所に住んでいて、Sさんの長男と私の長女は同い年なものだから公園などで一緒に遊んだ幼なじみだ。
でもその後Sさん一家は越して行った。
引っ越し先にも何時か遊びに行ったが、子どもたちが成長するにつれ、だんだん疎遠になっていった。
その後再びSさんは転居し、素直が生まれる前にお付き合いは途絶えてしまっていた。

そのSさんと素直の学校でバッタリ出会い、お互いに「何でここに居るの〜?」と驚きあったのだ。
そして更にビックリ、Sさんはなんと知的障がい者が通う作業所の所長を務めていたのだ。
岩戸養護へは作業所の製品販売で来ていたとのこと。

あれこれ話しているうちに、彼女の長男コタロウ(私の長女の幼なじみ)が音楽好きでライブをやってるので素直のことを話しておくね、ってことになり、よかったら一緒 にライブに出よう、なーんて流れになったわけっす。

コタロウは20日の発表会にも来てくれた。
気がつかなかったけど。

この不思議な流れ。
それにしても嬉しいね。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-24 03:04

ミニ祈りライブforAKIRA

c0035386_1525259.jpg

アキラの一日も早い回復を願いミニ祈りライブを行った。

20日に開催された音楽発表会でのことだ。
素直と母は主催者に無断で勝手にアキラの写真を掲げ「祈りライブ」をやってしまったのであーる。
と言ってもたった一曲演奏しただけなのでミニをつけました。
素直はアキラの曲「ありがとう」のCDに合わせハンドベルを鳴らした。
演奏の前に、司会者にアキラのことを説明して貰った。

でも不思議だよね。
いつもの年は童謡やアニメソングをセレクトして演奏してたのに、何故か今年はアキラの曲にしようと思ったんだ。
そして「ありがとう」を選んだ。
それはアキラのガンが見つかるひと月も前のこと。
まるでミニ祈りライブをやるために選んだみたいじゃん。

さあて、素直が奏でるハンドベル、綺麗な透明な音。
つーんと心に伝わり母はウルウル。
きっとアキラにも届いたよね。
うん絶対に届いたはず。
演奏中、観客の何人かが涙を流しているのが見えた。
一言も祈って欲しいとはお願いしなかったけど、みんな自然に祈ってくれたのだと思う。

そして何人かから「素敵な曲ですね、感動しました」と言われたよ。

アキラ、ずっとずっと長生きして!

いい人でいるのはちょっとお休みして、ナナオみたいに好きに自由に我が儘に生きて、うんとうんと長生きして!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-23 01:52

音楽発表会のお知らせ

c0035386_21514686.jpg

20日火曜祝日
素直が音楽発表会で演奏します。

ピアノ教師&音楽療法士の友人が主宰の小さな音楽会です。

出演する子どもの大半は知的に障がいをもっています。
もちろんそうでない子どもも出演します。
小学生から大人まで色んな方が、上手下手関係なく楽しみながらの演奏会です。
中には、自閉症で多動だったり、人前に出ると固まってなにも出来なくなってしまう子もいます。
それでも全てOKの、本当に温かいコンサートです。

興味のある方はぜひ応援にいらしてくださいね。

素直は太鼓とハンドベル、2曲演奏します。
ハンドベルの方は、親子で大ファンのAKIRAの「ありがとう」と言う曲です。
先週、胃ガンの摘出手術を受けたAKIRAが一日も早く元の元気を取り戻すことを祈り演奏します。
音楽会詳細は以下

リトルコンサート
3月20日
横須賀市総合福祉会館7階第1音楽室
13時30分〜
駐車場に限りがあるため、電車バスなどの方が無難です。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-18 21:51

父のこと

今月初め、友達のお父さんが亡くなられた。
若い友達なので、お父さんはまだ六十代だ。
まだまだやりたい事もあったろう。
そして本当に素晴らしい方だったそうだ。
頭脳明晰にして温厚。
およそ10年前、体が徐々に動かなくなる病気にかかり、亡くなる前数年間は寝たきりの生活だったそうだ。

それでも誰一人愚痴を聞いたことがなく、誰からも愛され、また周りの人に常に愛を送っておられたとのこと。

お会いしたことは無いがお写真から人柄が伺える。

お通夜には、数えきれないほどの方がお別れにいらしてた。

優しい人に限って病魔が襲う…そんなことが何と多いことか。


私の父はと言うと、お世辞にも素晴らしい人なんて言えないしょうもない人間だった。
お金にも人間関係にもルーズで、働くことがあまり好きでなく、嘘をついては家族を困らせていた。
父の仕出かした不祥事の尻拭いをいつも母がしており、母は働き詰めで52歳でぽっくり亡くなった。
私が17の時だ。

その後も父の身勝手な生活は続き、今度は尻拭いを私がした。
思い出したくないこともあるが…

不思議だよね〜

時が経つにつれ、嫌な思い出はどんどん消え、数少ないちょっとだけの良い思い出が膨らんでくるんだもの。

父が亡くなり10年。

父は特に優しいというわけでもないのだが、声を荒げることもなかった。
何だかいつも飄々と好きに生きていた。

そして私のことを

本当に優しい娘だ
お父さんの自慢の娘だ
と良く言っていた。

その言葉に対し、そんなに大切で自慢の娘なら、どうしていつもいつも困らせてばかりなの。
と、父が死ぬまで、私は父の言葉を素直に受け止めることが出来なかった。


でも今は違う。

しょうもない父が言ったその言葉に救われている。

自信を無くした時。
辛い時。
落ち込んだ時。

お前は本当に優しい娘だ。
お父さんの自慢の娘だ。

この言葉に救われる。
今もすぐそこに来て、素直と遊んでいるのかもしれない。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-17 19:01

感情

c0035386_12463473.jpg

この絵、素敵でしょ。
素直が描いたんだよ。
親バカかな。


ところで最近、人間関係でヒジョーにムカつくこと連続で、イライラが絶えないすなハハなんです(°□°;)

その方々は絶対にこのブログは見てないこと前提っす(笑)

見てる世界が違うというか、感性が違う方向を向いているというか…

ムカつくというのは、相手がどうこうというのではなく、あくまでも自分サイトの心の動きなので、自分が単にムカつきを止めれば良いだけのこと。

とは言え、それってチョー難しいよね。

他に目を向ける。

昨日のタイトル
楽しいことを考える。

ほ〜ら
気持ちが少しずつ和らいできたね。

ってさ
こねーよ

そんな簡単に気分は変えられん(`ヘ´)

と、こんなふうにブログでブツブツつぶやいてたら少し収まってきた。

読者の皆様
すなハハのボヤキに付き合ってくださり

ありがとう
ありがとう
ありがとう
m(_ _)m
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-17 12:46

楽しいこと

c0035386_13525841.jpg

PTA仲間での懇親会ランチに行ってきた。
場所は、学校から車で20分ほど行った丘の上にある見晴らしの良いイタリアンレストランだ。
晴れた日は海の向こうに富士山も見える。
レストランの周りは研修のための施設?かな、ま、そんな感じのオサレな建物が並ぶ。
丘の途中はお金持ちの住宅地で、数億円の建て売りもあるとか。
オサレな研修施設もバカ高い建て売り住宅も、どちらもバブルの落とし子だろう。

さてレストランだが、味は不味くはないが感心するほど美味くもない。

同じく、PTA仲間との会話もつまらなくはないが楽しくもない。
そんなランチタイムであった。

ふと考える。

私は今、どんな時が一番楽しい?


そうそう
昨年末の路上クリスマスライブ、あれは楽しかったなあ。
駅前や商店街で、知り合いの音楽好き5、6人で歌ったクリスマスソング。
寒くてかじかむ手には鈴。
人通りも少なく、たまに立ち止まるひとがいても一人二人。

それなのに
どうしてあんなに楽しかったのだろう。

誘ってくれた友達はここ数年の恒例行事だそうだ。

きっと彼らも、私と同じように、何とも言えぬ楽しさを感じているのではないだろうか。

うまく言えないが
開放感があるのだ。路上ライブには。

多少の規制はあるが、好きに歌うことができる。
観客に気を使うこともない。
「お客様は神様です」のエンターテイナーじゃないのだから、好きに表現することにこそ喜びを感じるのがワタクシのような自称「アーティスト」なのだなあ。

だっから…
路上ライブがあんなにも楽しかったのかもしれない。

それに比べPTA活動は対極にあるのかも。

今年は思いっきりアーティストしたいぞえ〜
[PR]
by sunahaha-happyday | 2012-03-16 13:52