今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

魂の家族in伊豆

姿を見た、その瞬間から、じわ〜んと温かいものが伝わった。
今、思い出しただけでも涙がにじんでしまう。
そんな大きな愛のパワーを持つサイコーに素敵な人「アシリ レラ」
c0035386_12354756.jpg

私がレラさんの事を最初に知ったのは、大好きな田口ランディさんのエッセイからだった。
ランディさんの文章を読み進むうちに、レラさんに対し何ともいえぬ親しみを覚えた、と同時に
「いつか、私はレラさんに会うことができる」そう確信した。
どういう形で会えるかはまったくわからない、でも、きっと会える・・・と。

ちょうど良いタイミングで「出会いは用意されている」・・・
AKIRA
PUZZLEより・・・
本当にそうなんだよな、って思う。
自分を信じ、毎日を大切に暮らす。
そして、ワクワクすることは躊躇わずにチャレンジする。
そんなふうに生きてると、待っていた出会いがどんどんやってくる。
本当にそうなんだよ。

実は私はバカデカイ悩みを抱えている。
みんな多かれ少なかれ悩みはあるよね。
すなハハも、ご多分に漏れず、そうなんだよ。

でも、レラさんに会えたことで、ほんの少しだけど、先が見えてきた気がする。
具体的なことはわからないけど、心に光が射してきたんだ。
レラさんとは、特に多くを話したわけじゃないけど、彼女の存在すべてから、大きなメッセージと力をもらった。

そして、すごく嬉しいことがあった・・・
「レラさん、素直は心臓が悪いんです。いつまでも元気でいれるように、力をください」
そうお願いしたら、レラさんは素直の胸に手を当て、それから素直の手をぎゅっと握りしめ
「大丈夫。この子はすごい力があるよ。私より強いね」
そう言ってニッコリ笑った。
その顔は、最強のシャーマンではなく、フツーの優しいおばちゃんの顔だった。
めちゃくちゃ嬉しいよ〜〜〜〜〜〜
思い出すだけで泣けてきちゃう。

ありがとう!
レラ!

で、ですねー
話しが後回しになってしまったけど
何でレラさんに会えたかと言うと
「AKIRA&RERA」ライブが伊豆高原であったからなんですー!
c0035386_12595565.jpg
c0035386_1301233.jpg
Photo by sunao

素直も私も大ファンのAKIRA〜〜〜〜っ、が出会いをくれたんだね。
もっちろん、生AKIRAの歌もバッチリ聴いてきたよ。
レラさんのユーカラ(アイヌ民話)もすごく面白かった。

AKIRAの熱唱&noriの美しいピアノ旋律に加え、レラさんがジャンベで参戦?!
これがね、ビミョーにずれていて(笑)、かえってそれが温かくてGOOD!でした。

いつか、AKIRA&RERA&SUNAOの最強トリオでライブできたら、面白いかも。。。。。
なーんて、また夢を見させてもらっている、すなハハです。
ライブの後は、めちゃ美味しい食事をいただき、会場でお友達もでき、夢のように楽しく濃い一日が過ぎていきました。
最後に濃〜い写真、AKIRA曰く「魂の家族」をご覧あれ!

    じゃ〜〜〜〜〜〜ん!!!

c0035386_13104034.jpg


このライブを主催してくれた、伊豆高原かりゆし工房「一枚の板」のトシ&ミナコ、出会いをくれたAKIRADai
、その他出会った大勢の魂の家族に感謝!!!!!
ありがと〜〜〜〜〜〜〜〜!

追伸:一泊し、次の日一緒に帰ってくれた、3人娘さん!
とっても楽しかったよ。ありがとう!
また会おうね!

以下、ライブ前に寄った「グランパル公園」にて。
c0035386_13171754.jpg
c0035386_13173341.jpg
c0035386_13175311.jpg

[PR]
by sunahaha-happyday | 2009-05-29 13:18

修学旅行中止!

来週予定していた素直の京都奈良修学旅行が中止(延期)になった。
理由はもちろん新インフル。

でもね、ここだけの話しだけど、中止がちょい嬉しいワタシ。
だって、明日はお楽しみ「AKIRA&LERAライブ」へ行くんだもん!
場所は伊豆高原。

お泊りするので、伊豆から帰ってすぐに修学旅行ってのも大変だよな、いっそのこと中止になればいいのに・・・なんて思った矢先、新インフルが話題になり、上陸し、あらよあらよと言う間に京都に行った。

まさかこんなことになるとは。
修学旅行が中止だなんて、こんなことでもないかぎりありえない。
担任も30年間教師してるけど初めてだって。
が、ほんとうにそうなってしまった。

強く願えば絶対に叶う・・・ことの証明かもしれないけど、複雑な気持ち。
喜ばしい願いなら良いけど、なんというか、こういうのってマイナスな要因が含まれた願いでしょ。
自分勝手な願いでしょう。
楽しみにしていた他の生徒たちは本当に可哀想だと思う。
ごめんね、私があまりに強くそう思ったから・・・叶っちゃったかもしれないので。

でもね、今回のライブ&出逢いは、私と素直にとってものすごく大切な気がするの。
だから許しておくれ同級生のみんな!
そのぶん
いっぱい楽しんでくるから。

わくわくドッキドッキーン060.gif

では、行ってきまーす。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2009-05-22 21:59

アーストライブス in田奈

c0035386_22113297.jpg

「地球家族構想」と銘打ったイベントが田園風景広がる横浜の田奈で開催された。
開催の場所はなんと平屋の小さな民家。
そこに50人もぎゅぎゅっと一つ屋根の下に。

主催者は写真家のDaiさんこと鈴木洋見さん。
Daiさんについてはぜひともホームページをごらんください!
わたりがらす
信じられないような素晴らしい写真と出逢えますよ!必見!
そして信じられないような楽し苦しまた楽しの旅の記録も最高!必読!

さてさてイベントの最初は「トラベルシェアリング」・・・はっ?なんっすか?それ?
ご説明しましょう。
旅をした者がその経験を話し、聞き手も質問したり、話しの流れに加わったりして、旅を共有し、発見し、意識をシェアしあい深めて繋がっていく、というもの。
う〜ん、こんな説明で合ってるかな。ま、いっか。
今回の旅人は、70カ国を一人で渡り歩いた旅の達人AKIRA、メキシコに伝わる毛糸絵画「ネアリカ」アートの画家Hide、そしてエチオピアを中心に世界を渡り歩くDai。
最強の3人!
話しの内容は書いたらなが〜〜〜〜〜くなってしまいそうなので、それぞれのブログ、ミクシイなどで見てね。

まあ、なにはともあれ、旅は最高にエキサイティングでありドリームであり、と同時に今の自分を見つめ直す透明なレンズということだね。
私もいつかは行けるかなあ〜カイラス山の五体投地・・・何だかとっても私に必要なことのような気がしてならないの。

えっと、旅話の後はDaiさんの写真をスライドで見て、さあさあお次はお待ちかねの「AKIRAライブ」だよ〜ん。
AKIRAの歌は、その度迫力の声に加え、詩ががつんがつん心に入ってくるんだ。
もちろん、素敵な内容だよ。

それでAKIRAさんの言葉でとても印象てきだったのは
「幸せを求めることを、人生の目的にするのをやめた。かわりに目的を学びに変えた。すると生きるのがとても楽になり、同時に素晴らしいものがたくさん見え、出逢い、楽しくなった。幸せはきりがない、一つ手に入るとまた次が欲しくなり、それを繰り返すことになる。でも学びは違う、どんな苦しい時もそれが学びだと理解すれば乗り越えられる。」
本当にそう思った。
起きうるすべての出来事は自分にとっての学びなのだと。
学んで自分を成長させていくんだ。すると今まで見えなかった素晴らしい世界が見えてくる。きっときっと見えてくる。
そしてすべては必然。
私が歩いてきた道は、こんな素敵な出会いのために用意された道だったんだな。
何かが一つ欠けていても、今の私はいなかったんだね。
AKIRAの新曲「PUZZLE」はそんなことを歌った曲。

素直はAKIRAさんの歌がだ〜〜〜〜〜〜い好きなんだよ。
「家族」というCDは何度聴いたことか。
そうね、大げさじゃなく1000回は聴いてると思う。
ライブが始まる前、素直が「家族は歌う?」と聞くので
「今日は新曲中心だから歌わないかもね」と答えたら
「えっ?じゃあアンパンマン?」(笑)だって。

そのことをAKIRAさんに話したらニッコリ笑って
「じゃあ今日は素直のために家族歌うから!」って言ってくれた。
そして本当に「素直のために歌いまーす」と言って最高素敵に歌ってくれた。
ほんとうに嬉しかった。
感謝。
AKIRAと巡り会わせてくれたさとえさんに感謝。
私の友達みんなに感謝。
地球に感謝。
ありがとう。
c0035386_22115034.jpg

おにぎり屋「まわる」の玄米おにぎりも最高に美味しかった。
一緒に参加したみんなもすごく優しかった。
素直は最初からそこにいたように住んでいるかのように自然だった。
c0035386_2212794.jpg

最後はDaiとエミカの結婚を祝ってオーガニックのケーキ入刀。
初めて会った人ばかりだったけど、まるで一つの家族のようだった。
地球家族構想・・・第一歩は大成功!
素直&母、本当に幸せな一日でした!!!!!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2009-05-07 23:27

素直のうちわ屋さん

c0035386_21462994.jpg

ドリームキャスト・ゲーム「シェンムー」(知ってる?)の舞台となった横須賀。
主人公の芭月凉の住まいの近く(たぶん)、かの有名な「ドブ板通り」で本日素直くん売り子さんをやったよー。

年に数回開催されるドブ板スワップミート(フリマ)で、うちわ屋さんを出した。
売り上げは素直の所属するアフリカンドラムグループ「ホンキートンク」の活動資金になる予定。

うちわ100円でーす。
ありがとーございました。

うちわを袋に入れてお客さんにお渡しし、お金をいただいて、お礼を言う。
上手にできたね001.gif

自分が役にたったということが余程嬉しかったのだろう、始終良い笑顔をしていた。
素直は何かと面倒をみてもらったり、可愛がってもらったりと受け身のことが多い。
それはそれでありがたいことなのだが、そればかりだと本人も満足が得られない。
やはり、どんなに障害があろうと、役に立ち認められるということを具現することの大切さを実感した。

お店屋さんごっこではない、本当のお店やさん、また今度やろうね。
頼むよ店員さん!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2009-05-02 22:08