今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

幸福論byすなハハ

c0035386_1341713.jpg

「いつも楽しそうでいいね!うらやましいわ!」
と、よく言われる。
確かにけっこう楽しい。
しか〜し大変なこともいっぱしにあるんだぞい。

美輪明宏氏も言ってるではないか・・・
「人はどんなに幸せそうにみえても、必ず悩みはあるの。みんな大変さは一緒。人をうらやむのはお止めなさい」

というわけで、すなハハだって悩みはいっぱいあるのだ。
本当だよ。
でも、深くは気に病まない、ってところがミソ。

ものごとに、こうすべき、とか、こうあるべきということは無い!
そう思うことも楽しく生きるコツ。
しかし「こうあるべき」「こうするべき」と、言ってる人を否定もしない。
こうあるべき・・と生きていてもいっこうにかまわない。

とこんなふうにぼんやり生きていると、ぶわ〜っと幸せを感じるこつをつかめるようになるのさ。

私の大好きな友達で、なんとも素敵に生きている人がいる。
はたから見ると、けっこう大変そうな条件が揃っている生活ぶりなのだが、それでもとても素敵なのだ。
で、いつだったか
「今、幸せ?」と聴いたことがある。
すると空を見上げ
「そこはかとなく、シアワセ」とおっしゃった。

そこはかとなく・・・
わたしも
シアワセ

この感覚がなんとも良い。

写真は、手作りイカダに乗り
そこはかとなく怖く
そこはかとなく楽しい素直&ミユ&ユカ&ミユママ
すなハハは別のイカダに乗り、懸命に汗だくでオールを漕ぎ
すんげ〜楽しく
すんげ〜疲れた、のであった。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2008-10-16 01:54

親子で一等賞

まずは昨日土曜日のこと

えっと、ホンキートンク(アフリカンドラム&ダンス)で茅ヶ崎カトリック教会に行ってきた。
教会主催の勉強会での出演。
知的障害者とその家族の取り組み・・・みたいな感じでの紹介。

神聖な場所である聖堂のど真ん中でド派手にやってきました。
祭壇や壁に祀られた十字架のキリスト様に見つめられながらのパフォーマンスに思わず懺悔の気持ち!
かどうかは疑わしいけど、とにかくメンバー全員精一杯演奏し踊ったことは確か。

参加された方の中に、お年をめしたシスターが数人おられ、本当ににこやかに楽しそうにされていたのが印象的だった。

最近はホンキーの活動も各地で認められるようになり、大きなステージに呼ばれることも多くなったのだか、私はこういうアットホームな雰囲気のほうがずっと好きだな。
アフリカンに舞台は似合わない。
同じ視線の場で、顔と顔がハッキリ見えて、手と手を取り合える距離で叩き踊る、それがアフリカンでしょ。
何で日本でアフリカン?という疑問もあるかもしれないけれど、太鼓の音や踊りに国境はないと思う。
たまたまうちらはアフリカン。

そういう「たまたま」ってのが本当はすごく意味のあることなんじゃないかな。
そんな風に強く感る今日この頃。


さてさて、親子で一等賞・・・いったい何が?
うふふ

本日、市内の知的障害者の施設「海風学園」の運動会に応援に行って来た。
この施設は50年もの歴史があり、入所者の年齢層もとても広く、障害も様々だ。
競技は障害者一人一人に合わせて、全員が気持ちよく参加できるように工夫してあった。
競技のたびに、家族や関係者のものすごい応援に場内は熱気ムンムン。
こんなに会場が一体になって応援している運動会を見たのは久しぶりだ。

最近の幼稚園や小中学校の運動会は撮影会になっていて、声を張り上げて応援してる人なんてほんの一握りだ。
それの比べ、なんという盛り上がり。
これなら、競技に出てる人もやりがいがあるってもんだ。
ちなみに、先月行われた素直の体育祭では、私は撮影をいっさいせず、この肉眼でしっかり我が子を見つめ、声が枯れるほど声援を送った。
記録は残らなかったけど、おかげでものすごく楽しい思い出がこの脳裏に濃くが残った。

さて、今日の運動会に話題を戻して。
競技には、家族やボラさん向けのものが幾つかあった。
綱引きは見送ったのだが、一緒に行った友達家族と共に、パン食い競走に参加することにした。
競技は8人一組で行われる。
素直は大好きなミユと一緒に3番目に走った・・・
のだが、すごいスピード&食いつきで、みごと一位!

4番目、5番目と進み、いよいよ最終組にミユママと共にすなハハ登場。
よーい、パーン。
大口を開け、みごと一発でパンに食らいつき、そのまま爆走!
素直に続きハハも一位!

てなわけで、親子でパン食い競走一等賞でしたー!!!!!
バンザーイ!

最期は、全員で炭坑節を踊り、最高に楽しくお開きとなった。
運動会の原点ここにあり。
小さい子をお持ちの皆さん、たまにはカメラの手を休め、思い切り我が子を応援してみましょう!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2008-10-06 00:54

物忘れ、でも楽し9月

あれま、もう10月になってしまった。
前回の更新からずいぶんと日にちが経ってしまい、その間、あれこれいっぱい出来事はあったのだけど・・・
ぱっと思い出せない・・・これってヤバくない?

え〜っと日を追って
思い出してみるぞ・・・

う〜ん思い出せない。
しゃあない、スケジュール帳見て書くとするか。

9月14日
金沢文庫芸術祭 ワンデイアート クラフト市出店
地元の手作り仲間4人でわいわいと参加。
初めてのわりにはそこそこの売り上げ。
ばんざーい。
物を作って、それが売れるのは正直嬉しい。
気に入ってもらえたことが、自分を認めてもらえたという感情に限りなく近づいて行く気がする。
これは癖になりそうだにゃ。

9月21日
素直の中学、体育祭
これがもう、ど感動!!!!!
素直・・・
100メートル走、完走!
団体競技、台風の目、完走!
2年、クラス対抗全員リレー、完走(バトンもって抜かれずに走った)!

ちっちゃな体で、通常級の生徒に混じり、全競技完全参加!
本当にすごかった。
当たり前のことが当たり前に出来ない素直が
みんなと一緒に参加できたのは奇跡と言っても過言じゃない。
よく頑張った、素直!
こういう経験が自信と希望に繋がっていくんだ。
素直が一緒のチームは正直大変だったと思う。
負ける可能性はすごく高くなる。
なのに、一緒に走ってくれて
クラスメイトに感謝。
一緒に参加させてくれた先生たちに感謝。
みんなありがとう!

9月23日
葛西臨海水族館
c0035386_026840.jpg

大好きなミユと一緒に行ったもんだから、最高幸せな素直くんでした。
海風に吹かれながら食べたお弁当、コンビニのおにぎりだったけど、幸せの味だったね。

9月24日
バリアフリーロックバンド「サルサガムテープ」新宿にてライブ
友達の息子「ケイト」デビュー
サルサのリーダーかしわ哲に「ロックの子」と言わしめた奇跡のロッカー誕生!
とにかくケイトのはじけぶりはすごかった。
ちなみにケイトはバリバリ自閉症のイケメン高校生。
応援してるよ〜。

そんな感じの9月でした。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2008-10-03 00:35
line

お腹すいても、眠くても、なんか楽しくありたいな。ダウン症の息子「素直」との楽しい日々のおすそわけ。


by sunahaha-happyday
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite