今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三寒四温

明日から3月だっていうのに、さみーなあ。
これ、三寒四温の「寒」だな。

ここ一週間ちょっとした出来ごともあったし、言いたいこともあったのだけれど、パソコンを開かず過ぎていった。
c0035386_22525790.jpg
(上の絵はすなハハ作です)
c0035386_22533030.jpg
素直は「リトルコンサート」という音楽発表会に出たんだよ。
2人のミュージシャンの演奏をバックに、ボンゴを叩きました〜。
一緒に演奏してくれたのは若くてカッコイイお兄さん2人組だよ〜ん!
(すなハハ、それだけで舞い上がる。息子の演奏、あまり耳に入らず)
曲は「森のくまさん」(笑)

それから応用行動分析学に基づく、障害児とのコミュニケーション・・・
なーんていう勉強会にも参加したんだ。

「どんなに重度な知的障害をもっている人でも、必ず意志伝達のサインを出している。例えば言葉が一言も無い人でも、ちょっとした手の動きや、動作、視線が意志のサインになっている。そこに立っている、という事さえ伝達のサインのことがある。それを周りの人間が見つけ整理し活用することで、その人の人生が豊かになる」

人間として生まれたからには、必ず意志をもって生きている、という当たり前のことを改めて気づかされた深い内容の講義だった。
次回は4月、楽しみが一つ増えた。

う〜それにしてもさみーなあ。
素直は今、ちょこっと風邪気味なのだけれども、「大好きな学校に行かずにいられない病」という持病もあるので、この寒さの中登校していったよん。
2時半にお迎えに行きま〜す。

「三寒四温」
人の心も、あたたかかったり、さむかったり・・・を繰り返し、だんだんと「春」になっていくのかな?
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-28 13:33

己を知れ!

すんげーチョ−可愛いパンツ(Mサイズ)を買った。
いいじゃんいいじゃん下着くらい可愛くたってさー。
さっそくはいた。
つもり、が、き、き、きっついー。
しかし、パンツさんは頑張って伸びてくださり、なんとか入った。

c0035386_12364344.jpgが、しかし・・・お尻が半分以上はみ出していた・・・ガ、ガ−ー−ーーンン!
温泉行く時にさ、はいていこうと思ったのにい、思ったのにい。
これじゃあ、だめだあ〜。
自分で見ても笑っちゃうんだから、他人が見たらもっとだあ〜。
こんなことになるとは、これっぽっちも思わなかった。

おのれを知るって・・・むずかしい
。。。。。
最近、マイマックちゃんの調子が悪く、ログインもままならないっす。
7年目に突入したマックちゃん、もうちょっと頑張ってくれ〜
おねげーだよー。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-23 12:40

チョコ魔人現る

バレンタインデーに、素直は7個のチョコをゲットした。
私はココロのチョコをあげた。
だってさ、7個だよ、そんだけあれば十分でしょう。
だから母はバーチャルチョコにしたのさ。

口のまわりに溶けたチョコがついちゃってまるで「でんすけ」の素直。
あ、知ってるかな?でんすけ。
ああ、こうして歳が少しづつ判明していくのねえ。
ついでに言っちゃおう。
小学校の時の給食に「脱脂粉乳ミルク」がでました〜。
そこのきみ−、飲んだことあるかい?
うまいんだぞー。
鯨の竜田揚げ、給食で食べたんだぞー。
うまいんだぞー。
教室のストーブなんか、コウクスだったんだぞー。

でもね、バレンタインデーはしっかり機能しておりましたよん!
ガキのころから、ほとんど毎年誰かにチョコあげていたなあ。
あの頃は「義理チョコ」なんてのなかったので、本命のみ。
恋多きすなハハでやんした。

c0035386_154346.jpg素直はこのチョコの山をいったい何だと思っているのだろうか?
「おれってモテモテー」・・・なーんて、もやっと感じているのかな。
それとも、シンプルに
「チョコもらった、うまそー」かな。
わからん。
が、ハハもなんだかとっても嬉しい。
世の男どももきっと「義理チョコ」だとしても、もらえばこんなふうに嬉しいんだろうな。
だからか、14日は巷の風がどことなく暖かだった気がする。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-16 01:57

久々に「ホンキートンク」でダンス!

アフリカンドラム&ダンスグループ「ホンキートンク」の練習に久々に行って来た。
素直の風邪や私の用事などで何回か休んでいたので、今年はじめての参加だ。
久しぶりに体を動かしすんげー気持ち良かった。
でもここのところ同じダンスばかりなのでそろそろ新しいダンスを習いたいなあとも思う。
ホンキーのダンスメンバーはエエ歳のオバサンばっかなので、イマイチ意欲に欠けててこまる。
「おめーら毎回同じダンスばっかで飽きねーのか〜」・・・と言いたいところなのだが、新参者の私には、そんなこと言えませ〜ん・・・なんだな、これが。

今年はホンキートンク結成10周年なので、秋ごろ盛大に自主コンサートをやることになっている。
ホンキーのメンバーだけでは時間がもたないので「豪華ゲスト」をお呼びしてのライブになる予定・・・なので、お暇な方はぜひ来てね!!!!!
c0035386_321150.jpg

1時から4時までみっちり練習したらスナブーが「腹へッタ」とさかんに訴えてきたので、しゃーない食いに行くか、ってことで最近できた安ーいパスタの店でデート!
素直はミートソース、私はトマトソース(低カロリー品)を食べ、なーんか物足りなくて2人でアイスクリームを追加注文し・・・これじゃあ低カロリー品選んだ意味ないじゃん・・・まあまあまあ。

c0035386_323651.jpg踊って食べて、素直と一緒だと何をしても楽しいなあ。
嫌なことがあったり嫌なこと言われたりしてけっこう落ち込むことが多いすなハハ。
気にするな!と思っても、すぐまた気にしてしまう。
そんな時は、素直のこと考えるのが一番の薬。
こんど素直とどんな楽しいことして遊ぼうかな、何処へ行こうかな・・・とあれこれ思いをめぐらしていると、落ち込んだ気分がいっきにすっ飛んでいっちゃう。

それからね、例えばどんなに私が非難されたとしても、それが事実とは限らない、と考えることにしている。
例えば「おまえはブスで、気がきかなくて、バカで、最低だ」と言われたとしても、私がブスで気がきかなくて、バカで、最低かどうかは、神のみぞ知るなんだから。

素直は素敵だなあ・・・最高だなあ。
だって、人を傷つけることなんて決してしない。
彼は恨んだりしない。憎んだりしない。たぶん一生。
彼にある感情は、楽しみと、悲しみと、喜びだけだ。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-12 03:21

春の兆し

可愛らしい花を素直の学校で見つけました。
c0035386_042158.jpg
c0035386_0414184.jpg
c0035386_0415964.jpg

[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-10 00:45

ヌミノース体験

スポーツニュースでフィギアスケートの一場面を放送していた。
ぼーっとお茶を飲みながら見ていたのだが、その画面から美しさを感じないのだ。
やけくそで滑っているような、そんな印象。
まるで神憑かりのような高度な技の連続で、それなりに目を楽しませてはくれるが、うっとりとその美しさにみとれるということができない。
いつからフィギアスケートはこんなことになってしまったのだろう。

今は去ること20年以上も前のことだが、サラエボで行なわれた冬期五輪でのト−ビル&ディーン組の演技が忘れられない。
ラベル作曲の「ボレロ」に合わせて舞った2人のスケートに震えるほど感動したのを覚えている。
あの感動を「ヌミノース体験」というのかもしれないと今さらに思った。
「ヌミノース」というのは心理学用語で、簡単に説明することはできないとは思うのだが、むりむりに簡単に説明するなら「神々しさを感じる神秘的体験。とか、魂を揺すぶられるような心身の底からの芸術的感動」・・・そんなところでしょうか。
もう一度観たいなあ、あの演技。

そして最近、私はこの「ヌミノース」を感じるほどの一枚の絵に出会った。
そのあたたかさ、清らかさ、安らかさ・・・絵全体から流れ出る静謐な空気。
ああ、また会いたくなってしまったあの絵・・・「ポッキーは考える」に。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-06 02:47

春スキー

←このイラストまるで「素直を追いかけるワタクシ」じゃん。。。。。

それはさておき、春休みにスキーに行こうかと思って宿探ししていたら、1泊2食にレンタルスキー&ウェア−が付いて、おまけに温泉があるホテルでなーんと4400円というのを見つけた。小学生は半額だそうだ。
まともに予約すれば1万円くらいするらしいが、旅行会社の激安パックとやらでこの値段になっている。
なんでこんなに安いの?
とも思うが「日本には安宿が無さすぎる」と、世界をバックパッカーで旅した友だちが言ってたので、この値段のホテルがあっても驚かなくてよいのかもしれない。

今年は雪の量が半端じゃないので、春でも十分にスキーを楽しめそうだな。
2年前に素直をはじめてスキーに連れて行った。
はじめからスキーはちょっときついかなと思って素直はソリにしたら・・・
もう楽しくて楽しくて止められない止まらない・・・状態だった。
よっぽど楽しかったのだろう、その後も雪景色の写真やテレビ画面を見るたびに、シュ−と言いながらソリに乗るポーズをとるようになった。
去年の春も行くつもりだったのだが、運悪く車が故障してしまい行けず終いだった。
だから今年こそは絶対に連れていってあげたい。
本当は真冬のほうが雪質も良いし滑りやすいのだけれど、寒さで素直の体調も不安だし、雪道も怖いので、春に行くことにした。

というと、まるで素直のために行くように聞こえるけど、実はハハこそ楽しみの権化なんでござんす。
はやくすべりてー。
温泉もはいりてー。

人生はなんでこうも楽しいことが多いのだろうなあ。
夏になったら、今年は素潜りをやってみたいなあ。
10メートルしか泳げないけど、できるかなあ。
ま、きっと大丈夫でしょう。
やりたいという気持ちがあれば不可能なんてないのさっ!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-05 00:17

春を感じた日

今朝はこの冬一番の寒さになるとお天気予報のお兄さんが言ってた。
昨日はけっこう暖かだったのに・・・三寒四温って、このことなんだね。
寒いけど陽射しに春を感じる。
だから、なんとなくそわそわ、わくわくしてしまう。

日本に生まれて良かったなあと思うことの一つに、四季がある。
冬があるから春の喜びもひとしおだし、春の穏やかさがあるから夏の情熱を楽しめる。夏に疲れて秋の静けさに癒されるし、秋の寂しさがあるから冬の透明な空気の美しさに感動できる。

日本の政治、福祉、企業、etc・・・に於いて、情けないほどに民主主義の遅れを感じる。
嫌な社会だなと思う時もある。
ねちねちした人間関係もうっとうしいこともある。
それでもやっぱり、私は日本が好きなのだ。
この風土が好きなのだ。

だから日本の良いところをたくさん見つけて、日本人の素敵なところをいっぱい感じて、生きていきたいと思う。

あと2ケ月ほどで、桜が見れる。
満開の後のハラハラと散り行く花びらを浴びていると、天国にいるかのごとく幸せを感じてしまう。
ああ、春が楽しみだなあ。

c0035386_18118.jpg

[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-04 01:11

愚痴を言うぞ〜

10年に一度、当団地自治会の班長役が回ってくる。
それを避けて通るわけにはいかない。
今年度がその当り年であった。おまけに、班長をまとめる棟長なんてのになっちまって、頭が痛い1年であった・・・あと2ヶ月でお役御免になるんだけれどね(ほっ)。
まあ、会長とか3役に比べれば、棟長なんてかわいいものかもしれないが、それでもいろいろと苦情がきたりして、その対応がすんげ〜嫌だった。
昨日もうちの棟が使っている自転車置き場の横に放置自転車が数台あるので、処分をするようにとのお達しがあった。
本来なら、自転車の持ち主が処分して然りだろうが、だれの物かわからないのだ。
もしかしたら、よそから運ばれたものかもしれない。
引っ越しの時に、置いていってしまう人もいる。
どちらにせよ、このままだと小さな子には危険だし、衛生上もよろしくない、見た目も汚らしい・・・ということで、誰かが処分せざるをえない。
となると、流れから棟長がやることになる。
処分の方法は、業者に頼むこともできるが費用がばかにならないので、廃品回収に出す。
でも、そのままじゃ出せない。
ゴムタイヤやプラスチック部品などを外してからでないと、持って行ってもらえない。
ゴムタイヤ外すのってけっこう大変なんだよね〜。
「どなたか手伝ってくださーい」というチラシを作ったので、誰か手伝ってくださるかもしれなけれど、最悪の場合、私が一人で5〜6台の自転車のタイヤ外しをせねばならない。ガーン!

でもま、それも良い経験かもしれませんな。
こんなことでもなければ、タイヤ外す経験なんてできないもんね。
オー、なーんて前向きな姿勢!!!!!
と、自分を叱咤激励、慰めております。

しっかし無責任なヤツが多すぎるよ。バーカ。
地獄に落ちろとまでは言わないが、転んで骨の一本も折りやがれってーの!(怒)

オマケの愚痴。
あのさー、車運転してると、ものすご〜く接近して後ろ走るバカタレがいるけど、あぶねーつーの!
それからさー、ちょっとしたことでブーブークラクションならすバカタレ、うるせーてーの。
前なんかさー、わたしが追いこしたのが気にいらなかったらしいトラックのオヤジが猛スピードで追っかけてきて、信号で止まった時に、車から降りて来て、私の車の窓をドンドン叩いて怒りまくってさー。
怖いというか、心底呆れた。
そういう嫌がらせをする人間って、自ら「私はバカでございますよん」と宣伝してるようなもんだってことが分からないんだねえ。
以上、愚痴るすなハハでございました。スッキリ!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-02 16:06

エプロン

思いっきりギャザーいっぱいのエプロンを作った・・・ら、メイドカフェ・・・になってしまった。
がしかし、布が黒なのでメイドというより魔女オバサンってところでしょうか。

c0035386_2329731.jpgはい、しっかり使っておりますよ。
ちょいと厚めの布なので腹巻きのように温かい!
台所は冷えるので、冬は最高のエプロンだぞ。

もう一枚作ろう!ってか。
もう絶対に作らないよ。こんなビラビラエプロン。
今度は板前さんのようなストーンとしたのにするさ。

それにしても物作りは楽しい。
何か好きな物を作っていると、時間のたつのが速いこと。
作る喜びは生きる喜びそのものだなあ。
材料が自分の手でどんどん形になっていく、これは特別な快感。
音楽やダンスも然り、生きてる喜びを実感できる瞬間だな。
そして人との繋がりをいとも簡単に感じることができる。

人は、家族がいたって、恋人がいたって、子どもがいたって、みんな孤独。
だから、繋がりを求めて、いろんなところをさまよう。
昔は精神的に窮屈な生活だったけれど、繋がりが形として存在していたから、心の荒野をさまよい歩かなくても済んだのだと思う。
でも、現代は自由な分、つながりが目に見えなくて、不安なんだよね。
ネットがこんなにも普及したのはそんな理由もあると思う。

でも「さまよう」ってのも、なかなかおつなもの。
私はこの浮遊感がけっこう好きだったりするかも。
ああ、なんだかふらふらと旅に出たいなあ〜。
気のむくままに・・・。
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-02-01 23:30
line

お腹すいても、眠くても、なんか楽しくありたいな。ダウン症の息子「素直」との楽しい日々のおすそわけ。


by sunahaha-happyday
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite