今日が楽しく明日が楽しみ

sunahahaha.exblog.jp ブログトップ

再会

用があって隣町を素直と2人で歩いていたら、突然声をかけられた。
「あ〜、すなおくんだ〜」と小学生の2人組。
「ごめんね、おばさん、あなたたちのこと分からないのだけれど、もしかして、N小の時のお友だちかなあ?」
「そうだよ。1年の時一緒だったよ」
「え〜、覚えていてくれたの?」
「うん、すぐにわかったよ」
「ありがとう、今5年だから、もうすぐ中学だよね。N中いくのかなあ?」
「うん、そうだよ」
「素直もN中行くと思うから、よろしくね!」
「うん、また一緒だね」

素直がN小の障害児クラスにいたのはたったの1年。
2年生からは、地元学区の小学校に知的障害児の学級ができたので、転校した。
N小の子どもたちとは4年間も会っていないのに・・・覚えていてくれたなんて・・・
そしてくったくなく声をかけてくれた。
もう、嬉しくて嬉しくて、私は涙が出そうだった。
あの子たちにとっては、どうってことのない行動だったかもしれない。
でも、大人にはなかなかできないことだよね。
あれ?似てるけど、人違いかもしれない・・・と、4年も付き合いがなければ、そう思って、たぶん声をかけない。
ましてや、素直は4年の間に、20センチは背が伸びたし、顔つきだって多少は変わってきてる。
なのになのに・・・。
ためらうことなく、声をかけた君たちって、最高だよ。
だから子どもって好き!
名前聞くの忘れちゃったけど、N中行くのが今から楽しみだな。
再会の日が待ちどうしいなあ。
今日はなんて良い日・・・母の心は君たちのおかげで、もう春だよ。
ありがとう!
[PR]
by sunahaha-happyday | 2006-01-12 01:18